スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | TOP▲ | 【--/--/-- --:--】 web拍手 by FC2
1984年、レーガン大統領「マイケル、ホワイトハウスへようこそ」
1984年、ロナルド・レーガン大統領、マイケル・ジャクソン1984年5月14日、ホワイトハウスにマイケル・ジャクソンを迎えたロナルド・レーガン大統領のスピーチ。マイケル・ジャクソン=究極のロールモデル(青少年の模範)という印象を確定的にした有名なイベントの一つです。



レーガン大統領; 本日、こうして皆さんにお集まり頂き大変うれしく思います。これほど大勢の人々を目にしたのは中国を後にして以来です。おそらく皆さん、私を見に来たんですね(笑)。

ノー、皆さんが来た理由は知っています・・・今日音楽界で最も才能に溢れ、最も人気があり、最もエキサイティングなスーパースター、マイケル・ジャクソン君に会いに来たのです。


(動画ココから)
レーガン大統領; マイケル、ホワイトハウスへようこそ。ご容赦願いたいのですが、ホワイトハウスには多数の若い人たちがいて、皆、私からあなたに同じメッセージを伝えてほしいというのです。彼らはマイケルにこう伝えてと言うのです、『どうか若者たちに優しい愛を』(笑)。まぁ、ちょっとばかり突飛に(off-the-wall)聞こえるとは思いますが、お分かり頂けるでしょう。

そしてマイケル、ワシントンDC地域のファンたちからもう一つ伝言があります。彼らは『帰ってほしいの(we want you back)』と言っています。そこで、あなたの待望の国内ツアーはいつ始めるのですか、首都であるこの地に必ずとまってくれると約束してくれませんか?



上の動画はスピーチの一部分。全体はもっと長く、後半では、若者の飲酒運転やドラッグ防止のためにマイケル・ジャクソンという生き方がいかに模範となり希望を与えているかということを讃え、賞が贈られます。スピーチ全文はコチラ



Please give some TLC to the PYTs.・・・TLCは「Tender Loving Care(優しく愛情深い世話)」、PYTは「Pretty Young Thing(ぴっちぴちのワカモノ)」の略。マイケルの曲名を絡めてジョークを連発している。
| スピーチ、メッセージ | コメント(0) | TOP▲ | 【1984/05/14 23:00】 web拍手 by FC2
【復刻】1984年「地元の少女、マイケル・ジャクソンに会う」 | ホーム | 『Say Say Say』,『The Man』, マイケル&ポール豪華コラボ。
コメント
コメントの投稿









上の項目は任意。URLとメールは当ブログ上に表示されず、管理人にのみ通知されます。






 後で自分のコメントを編集削除する際に必要なパスです。


 秘密のメッセージにする(チェックを入れると非公開コメントとして届きます)。

トラックバック
トラックバックURL : 

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。