スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | TOP▲ | 【--/--/-- --:--】 web拍手 by FC2
1982年、『EBONY』インタビュー、『Beat It』撮影セットにて。
雑誌『EBONY』によるインタビュー、『Beat It』セットにて撮影の合間に行われたもの。



Michael: それで、彼らが集まってきて騒ぎに、闘いになる。で、僕の意見は彼らにこう言うんだ、甘んじて受け入れろ・・・つまり、闘うな、侮辱を甘んじて受けろ、つまり、殺し合いの相手は君の兄弟じゃないか・・・
──なるほど。

Michael: 僕はそれを、アグレッシブなビートやリズム、ダンスやいろいろを通して表現するんだ。

──そして、あなたは本物のギャングをこれに使っているんだね。

Michael: うん、本物のギャングのメンバーをダンサーの中に加えている、たくさんの本物のギャングのメンバーたちがいるよ。

──群集は君を悩ませる?

Michael: ツアー中はないけど、怖くなるよ。僕は人々を知らないから。たまに人々が怖くなってしまうよ。まったく別の人生だし、僕は本当に経験したことがないものだから。例えば、友情は、僕がやっと最近学び始めたことなんだ。僕はステージの上で育って、そこが心地良い場所だった。他のことはすべて、僕にとっては外国なんだ。僕は人々や、友情、そういったことを知り始めたばかりなんだ。

──それじゃ、君はストリートを本当に経験したことは一度もないんだね。

Michael: 僕はそのへんは何も知らない。(自分の知識は)映画とか、学校教育からだと思う。僕たちには一年中家庭教師がついていたんだ、そして私立の学校。僕が本当に小さかった時は、公立の学校に行ったこともあるし、そことは別の公立学校には1週間通って、すごく悪い事態になった。ファンたちが教室に入ってきたり、僕たちを追いかけ回したり。

──じゃあ、君の本当の友達は誰?

Michael: 僕はファンを愛してる。僕たちのレコードを買ってくれる人ならみんな。心からね。みんなが楽しんでくれることに感謝してる・・・

──個人的に親しい友達は?

Michael: クインシー・ジョーンズは友達だよ。他には少しだけ。

──みんなショー・ビジネスの人?

Michael: ジェーン・フォンダは良い友達だよ。ダイアナ・ロス、すごく親友なのがダイアナ・ロス。彼女は僕が何でも話せるタイプの人なんだ、一番プライベートな秘密でもね。彼女も彼女の秘密を僕に話すよ。

──家の方はどうかな。たしか君は、家を取り壊してお母さんのためにお城みたいな形に建て直しをしていると思うんだけど。本当?

Michael: 多少は、うん。僕はずっとイギリスのチューダー様式が大好きで、母もそうなんだ。僕は人生の中でたくさん空想するんだよ、全部、騎士とお姫様スタイルとか。とても物語的な。

──それが完成したらぜひ見てみたいな。

Michael: ディズニー・スタジオがパイレーツ・オブ・カリビアン・ルームを全部手掛けてるんだ。そこに歩いていくと、まるで海賊たちの銃撃戦だよ。アニマトロニクス・ロボットたちが喋ったり、歌ったり、踊ったり、撃ち合ったりしてる。戦いのど真ん中に入っていくわけだよ。煙もあるし大砲もあるし、何でも。エキサイティングだよ。これはパイレーツ・オブ・カリビアンからとったんだ。

──で、それが君の家にあるということ?

Michael: そう。

──君の日曜日について、君の日曜日の過ごし方についての雑誌記事(参照)を読んだよ。君の日曜日の儀式と呼んでいたと思うんだけど。

Michael: うん。

──日曜日の儀式について話して。

Michael: えぇと、毎日曜、断食するんだ。何も食べない。身体のために僕がそうしようとただ決めたことなんだ。それに、毎日曜日にダンスする。そうすると気分が良くなるんだ。

──断食してダンスするの?

Michael: 何も食べないんだよ。

──それをやる時、君はどんな音楽で踊るの?

Michael: 自分の。あるいは、速いビートの曲なら何でも。

──最近は何が好き?

Michael: 誰が好きかな?クラシック音楽。

──クラシック?

Michael: 眠る前にはそれだね。僕の近くにやって来た人はみんな驚くんだ、僕が一日中聴く音楽、それがクラシック音楽だから。

──ヘイ、君はもう行かなくちゃいけないようだね。サインが出てる、君はもうこれは終わりにして、行って次の撮影をやらなくちゃ。どうもありがとう。
【END】
| インタビュー | コメント(0) | TOP▲ | 【1983/03/09 01:31】 web拍手 by FC2
『Say Say Say』,『The Man』, マイケル&ポール豪華コラボ。 | ホーム | 『Just Friends』、キャロル・ベイヤー・セイガーとのデュエット。
コメント
コメントの投稿









上の項目は任意。URLとメールは当ブログ上に表示されず、管理人にのみ通知されます。






 後で自分のコメントを編集削除する際に必要なパスです。


 秘密のメッセージにする(チェックを入れると非公開コメントとして届きます)。

トラックバック
トラックバックURL : 

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。