スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | TOP▲ | 【--/--/-- --:--】 web拍手 by FC2
雑誌『Interview』インタビュアーMJがファレルに質問。Part.2
Part.1  Part.2

ファレルPart.1 からの続き Part.2

Michael: そうだね。上の世代のアーティスト──最近のラジオでかかってるアーティストじゃなくて──もっと若かった頃の君をインスパイアしたアーティストは? 君のお父さんが聴いていたというような。そういうアーティストから何か学んだ?

Pharrell: まさしく。アイズレー・ブラザーズ。

Michael: うん、僕も。アイズレー・ブラザーズは大好きだよ。それから、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンが大好き。

Pharrell: ドニー(・ハサウェイ)、ステーヴィー(・ワンダー)・・・

Michael: 僕の好きな人たちをみんな好きなんだね(笑)。

Pharrell: コードが変わるんだ。彼らには心を持って行かれちゃうよ。
Michael: ビューティフル、ビューティフル。オーケイ、えぇと、今どこにいるの? ニューヨーク?

Pharrell: ヴァージニア・ビーチ、ヴャージニア州です。

Michael: ヴァージニア! いいね。ヴァージニアに僕の愛を伝えてくれる?

Pharrell: 了解です。ありがとう。

Michael: 君のお母さんとかご両親は? 神さまは君に特別な才能をお与えになっているんだからね。

Pharrell: ありがとうございます。それから、言いたいことがあるんです、あなたが聞きたいかどうかは分からないけれど、でも、俺は言わなくちゃいけない、俺の心から言葉だから。人々はあなたを妨害するけど──

Michael: うん。

Pharrell: ──それはみんな、あなたのことを大好きだからなんだ。それしか理由はない。みんなが理解できないようなすごい事をあなたがやるといつも、あいつらは必要以上に、あなたのことを他の誰よりも大問題みたいにしようとするんです。それはあなたがこの上なく最高にアメイジングな才能を持った一人だから。あなたはずっと偉業を成し遂げ名声を得てきた、今世紀、他の誰よりも最高に。

Michael: えぇと、どうもありがとう。君はとても思いやりがあるんだね。

Pharrell: あなたがやることはホントに素晴らしい。あなたが100歳になっても、みんなまだ騒いでるよ、あなたがこれをやったんだ、とか、あれもやったんだ、ってね──信じてほしい、もしもあなたが自分の身体を丸ごとクロム漬け標本にしたいなって決めたとしたら、あなたはものすごくアメイジングだから、誰が何といおうと、世界中があなたに会いにその場所にやって来るよ。それは、あなたが音楽の世界で成し遂げてきたこと、人々の人生を変えてきたってことが理由なんです。人々はあなたの歌を子どもたちに聴かせてる。あなたは世界を愛してきたんだ。

Michael: どうもありがとう。ビッグなスターになるほど、標的にされやすいみたいだね。ほら、──僕は自慢屋とかそういうのじゃないんだけれど──トップになると、みんなそこに矢を撃ち始めるものなんだ。キリストだって磔になった。世界に光をもたらす人たち、マハトマ・ガンジーやマーティン・ルーサー・キング、イエス・キリスト、僕自身さえもね。僕のモットーは、ヒール・ザ・ワールド、ウィ・アー・ザ・ワールド、アース・ソング、セイヴ・アワ・チルドレン、ヘルプ・アワ・プラネットなんだ。そういうことについて僕を叩きたがる人たちもいる、だけどそんなのは全然痛くない、なぜならファンの結束はより強いものになるからね。激しく叩けば叩くほど、それはより強固になるんだ──より強いものにね。それが実際起こっていることなんだ。僕には弾力があるのさ。僕はサイの強い皮膚を持ってるんだ。何も僕を傷つけられない。何者もね。

Pharrell: そう、俺が言いたいのはまさにそこです。俺はただあなたに知らせたいんだ、あなたはアメイジングだってこと。あなたが音楽に対してやること、ずっとやってきたこと、『ビリー・ジーン』から『That's What You Get (For Being Polite)』まで──(『That's What You Get (For Being Polite)』を歌い始める)

Michael: オゥ、それ知ってるんだ(笑)。

Pharrell: (歌う)Jack still sits all alone

Michael: まいったな、その曲全部知ってるんだね。

Pharrell: あなたはいつも世界に向けて行動してるんだ。(再び歌う)Jack still sits all alone

Michael: (ギターのリフを口ずさむ)

Pharrell: 俺があなたと仕事する機会がないとしても、これだけは知っていて、あなたはアンストッパブルさ。だから俺は言ってるんだ、100歳になった時にあなたが丸ごとクロム漬けになる決断をしたなら、いろいろ言う連中が大勢いるだろうけど──あいつらがあなたについて何を言おうが俺は気にしません──みんなあなたに会いにそこへ行くだろうってこと。

Michael: たくさん嫉妬があるからね。僕はすべての人種の人たちが大好きだし、すべての人々が大好きだよ、でも、時々人々のなかには悪魔がいて、彼らは嫉妬心を起こす。輝かしい人が努力の限界を超えて進もうとするといつも、人は嫉妬して引きずり落とそうとしがちなんだ。でも、僕にそんなことはできない、僕はすごく、すごく、すっごく、強いからね(笑)。みんなそれを知らないけどね。

Pharrell: みんな知ってます!お願いだから信じて、みんな知ってる!

Michael: 他の誰かだったら、今ごろもうやられてるだろうけどね。僕はやられないよ。とても強いんだ。

Pharrell: もちろんさ。あいつらはあなたが10歳だった時でも打ち負かすなんてできなかったさ、声と才能を使ってあなたがやってたことで、あなたはデカい大人でも倒していたんだから。あなたが20歳の時には、あなたはその先20年も30年も人々を凌駕し続ける人間になってたんだ。そして今日現在でも、みんなあなたのいる場所を見たいって待望してる。みんなあなたの子どもたちが見たいし、あなたの世界が知りたいんだ。あなたは素晴らしい、俺はあなたにただそれを言いたかったんです。これが全部活字になることを望んでる、俺にとってすごく重要な意味あることだから。俺もいつかあなたの半分くらいにでもなれたらいいなって思ってます。

Michael: オゥ、神のご加護を。君もワンダフルだよ。どうもありがとう。

Pharrell: ありがとう。

Michael: 良い一日を。

Pharrell: あなたにも。

Michael: ありがとう。バイ。

Pharrell: バイ。
【END】
Part.1  Part.2
| インタビュー | コメント(0) | TOP▲ | 【2003/06/13 22:00】 web拍手 by FC2
雑誌『Interview』インタビュアーMJがファレルに質問。Part.1 | ホーム | マイケルと一緒にホームビデオを見よう。Part.0
コメント
コメントの投稿









上の項目は任意。URLとメールは当ブログ上に表示されず、管理人にのみ通知されます。






 後で自分のコメントを編集削除する際に必要なパスです。


 秘密のメッセージにする(チェックを入れると非公開コメントとして届きます)。

トラックバック
トラックバックURL : 

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。